株式会社あおぞら不動産

【横浜不動産売却】家を売却する時の会社の選び方|あおぞら不動産

あおぞら不動産詳細へ

【横浜不動産売却】会社の選び方|あおぞら不動産

【横浜不動産売却】会社の選び方|あおぞら不動産

2022/12/09

こんにちは。

横浜で不動産売却をしております、(株)あおぞら不動産の高倉です。

 

マイホームを所有されているお客様より査定額が住宅ローン残債よりも低い不動産をどうやって売却したらいいか?と質問されることがあります。

Q、他社で査定をお願いしたところ、ローン残債より低くい査定になり売却を悩んでいます。何とかローンを完済できる金額で売れないでしょうか?

A、他社でローン残債より低い査定をされても、売却をあきらめないでください。売買のタイミグを逃さずに希望価格で売却しましょう!

今回のテーマは「査定額が住宅ローン残債よりも低い不動産をどうやって売却したらいいか」ということです。

 

ローンの返済に不安を感じたり、引っ越さなくてはいけない事情ができたりといった理由から、住宅ローンの返済中に戸建住宅を手放す必要が出てくるケースは少なくありません。

 

そこで問題となるのが「残債割れ」。

 

「残債割れ」とは、住宅ローンの残債よりも不動産の価値の低い状態のことを言います。

 

住宅ローンが残っている状態の不動産を売却する場合、不動産に抵当権を設定した金融機関の了承を得る必要があります。

 

なぜなら、勝手に売却されてしまい、売却金額が住宅ローン残債よりも低かった場合、金融機関は債務者から融資した分を回収できなくなる可能性があるためです。

 

また、不動産を売却する際には、不動産会社に支払う仲介手数料の他にも費用がかかるため、手持ち資金からの支出が見込めない場合には、住宅ローン残債よりも高い価格で売らなくてはいけません。

 

しかし実際のところ、建物は年月が経過するにつれて価格が下がっていくため、売却のタイミングを逃して先延ばしにしてしまうと、さらにローン残債と売却価格の差が開いてしまうということにもなりかねないのです。

 

では、残債割れしてしまっている不動産を高値で売却するにはどうすればいいのでしょうか?

 

残債割れしている不動産を売却する際に特に重要なのが、仲介をする不動産会社の提案力です。

 

お客様がお持ちの不動産にどのような魅力があり、どの部分を強調することで買主様が見つかりやすくなるのかを判断し、売主様へ的確にご提案したり、購入を希望される方の背中を押すきっかけづくりをしたりする必要があります。

 

また、不動産を探しておられるかたは、不動産自体の状態だけでなく、周辺環境にもこだわっておられる方が多くいらっしゃいます。

 

物件の周辺環境だけでなく、主要都市・主要駅へのアクセスのよさ、自治体の取り組みなどにも目を向けておられるため、地域に根付いた不動産会社に仲介を依頼することで、住宅ローン残債以上の価格で売却できる可能性が高まります。

 

横浜市での不動産売買を専門とするあおぞら不動産は、残債割れによりなかなか不動産を手放せないとお困りのお客様からも、多くのご相談をいただいています。

 

当社の強みは、お客様に親身に寄り添った営業方針。

 

不動産についての知識がまったくない方でも、安心して売却していただけるように、おひとりおひとりに真摯に向き合うことを大切にしております。

 

まだ売却の予定がない方でも、ご相談のみでも大歓迎です。横浜市の不動産売却であれば、あおぞら不動産までご連絡ください。
 

ご覧いただきありがとうございます。

私たちは、小さな会社ですが、じっくり、丁寧に売却サポートする事を約束いたします。

横浜で不動産売却をお考えなら是非あおぞら不動産へご相談ください。

ご連絡お待ちしております。

この記事を書いた人

代表 髙倉 由浩

大学生の時に実家売却を体験し、担当してもらった営業マンに憧れ、在学中、20歳の時に宅地建物取引主任者を取得。卒業後、不動産仲介業、新築マンション営業を経験し独立。不動産売買件数は900件を超える。
日々、不動産売買の知識、経験を積み重ね、不動産の奥深さ楽しさを感じています。
(株)あおぞら不動産代表。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。